Top > 活字書体 > 活字書体などについて

活字書体などについて

勉強をしました。活字書体をもとに、いろいろな書体を使って自分の名前を入力し、画面に表示したりプリントアウトしたりして文字、あるいは文字と文字の連なりなどをよく観察してみましょう。活字書体は、どのような内容でも、またどのような媒体に使用されても、最良の可読性が得られるよう、文字の形から個性的な形態をできるだけ排除したデザインとなっています。しかし、ロゴタイプをデザインする場合は、逆に個性的な文字であることが要求されます。そこで、活字書体にさまざまな工夫をして、文字に表情を与えてみましょう。たとえば、字間を開けたり詰めたりすると、正方形の枠のなかで書かれた文字が、異なる表情を見せ出すでしょう。さらに、点・払い・線の性格をかえたりなどして、自分なりの個性的な表情を活字に与えてみましょう。手で書かれた文字に対し、設計・デザインされた文字のことを書体・フォントとよびます。また、同じ名称をもつ書体で細い書体・標準・太い書体というように、いくつかの異なる太さの書体のひとまとまりを、ファミリーといいます。和文の文字は、一字一字が正方形のなかにおさまるように設計されています。漢字・ひらがな・カタカナは基本的な構成要素があり、それらを組み合わせて視覚的な調整を行いながらつくられています。

市販頭痛薬おすすめ

活字書体

関連エントリー
活字書体などについて
カテゴリー
更新履歴
年齢肌に打ち勝つためには?(2017年8月30日)
活字書体などについて(2017年8月30日)
レスタイヤも(2017年8月27日)
おおまかな買(2017年8月26日)
美容室で注文をつけられない(2017年8月24日)