Top > 注目 > 肌に悪いことをしてしまったとしても

肌に悪いことをしてしまったとしても

この時期は乾燥を心配して色々とお肌のお手入れをしますが、そのことが逆に皮脂腺の炎症が増加する引き金になっているように考えることがあります。

 

普段は使用しないようなオールインワン化粧品などを使用することが表皮への刺激になり、毛穴のつまりや炎症が発生して、冬でもニキビが出来てしまうケースがあるそうです。

 

以前、美白重視のスキンケア産品を役立てていましたが、肌にマッチしなくなり、保湿と抗老化を重視した製品へ改めました。

 

化粧水が2タイプあるのに最初は戸惑いましたが、冬のピークでなければ顔を洗った後のスキンケア方法はこれだけで満足です。

 

冬場には晩のケア時に美容クリームを塗るだけという単純なものになりました。

 

白く膨らんだ痛々しいニキビを見つけるといじって中身を出してしまいます。

 

白く膨らんだニキビから白い中身が飛び出してくるのがとっても好きです。

 

ただ、五回に一回はニキビの中身がきれいに出せなくて、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。

 

ニキビ跡を見て、肌に悪い事をしてしまったと反省するのですが白いニキビができるとどうしてもつぶしたくなって、また中身を出してしまうのです。

おしりぶつぶつのクリーム・薬はコレ!

注目

関連エントリー
フラッシュモブの評判を知るなら肌に悪いことをしてしまったとしても